蜜柑が豊作、ワインを作ろうか?

蜜柑が豊作。30〜40Kgはあるかな。
どうしようかと思っているうちに12月も後半になると鳥が食べてしまう。
ジュースにして、冷蔵庫に入れてもすぐ発酵するかもしれない。
ワインにするのはどうかな。
ちょっと調べてみる。

全国でも珍しいみかんワイン【JA伊豆太陽】
約100℃で蒸気殺菌され、自動皮むき器を通過
機械で剥ききれなかった皮は、スタッフが手作業で丁寧に取り除く
機械を使って果汁を搾る
酵母菌を加え、2~3ヶ月大型タンクで発酵(別の記事で半年とある)
温度調節をしながら発酵の進み具合を見る
専用の機械で圧縮し濾過

別の記事に氷結ワインなるもの。一度凍らせて、(氷を取り除く?)濃縮する?
砂糖を加えるという記事も。

蜜柑ワイン
糖度が13度のみかん果汁10リットルに対し(滓もふくめると12リットル程度)、
2.4kg程度の砂糖を加え、発酵終了間際に味見をして、必要なら200g補糖する
>1リットルに240gの砂糖か。かなり多いように感じる。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください