玉葱収穫+薩摩芋の苗作り

2~3日前に葉が倒れ始めたと思って、今日気がついたらほとんど葉が倒れている。このところ晴天で真夏日が続き、一気に茎が枯れ始めたようだ。5月の末から異常な暑さが続き、関東地方では昨日あたりから暑さは和らいだが、北海道では37℃といところもあったようだ。
今年の玉葱のできはいかに。大玉は2割、中玉5割、小玉3割といったところか。肥料が少ないわりには上出来ではないか。明日は大雨ということなので、2畝の玉葱をほとんど収穫した。

葉が倒れた玉葱

葉が倒れた玉葱


一般には黒いマルチを敷くのが普通。私はマルチは敷かないで、草や麦を敷いて、生えてきた草は手で取っている。とっても手間がかかるが、とても美味しい玉葱になるような気がする。敷き藁で乾燥を防ぐと玉の肥大が良くなるようだ。草と適度に共生させると落ち着いた自然な味になるようだ。サラダに最高です。
玉葱の収穫

玉葱の収穫


畑へは自転車で通っている。軽トラが欲しいと思うときもあるけれどほとんどは自転車で十分。収穫した玉葱は3回の往復で運搬完了。ローテクですね。いや電動アシスト付きなのでセミハイテクかな。玉葱はネットに入れて軒下に吊して保存する。一年何とか持たせます。少しだけ販売します。
自転車で自宅へ運ぶ

自転車で自宅へ運ぶ


これは薩摩芋の苗。ほとんどの人は苗を購入すると思いますが、2~3年前から苗作りをしています。去年の芋や買ってきた芋を土を入れた箱に伏せて保温して、水を掛けていると芽が出てきます。今日20本ほど切り、明日か明後日に植え付ける予定です。
薩摩芋の苗作り

薩摩芋の苗作り

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください