西瓜植え付け

一昨日は筑波や栃木で大きな竜巻が発生し、大きな被害が出た。中学生が一人亡くなった。寒気と暖気の衝突が原因で、上昇気流に横から風が吹き込むと渦が発生するとのこと。津波の瓦礫の姿とまったく同じ光景が目に入ってきた。

さて、昨日に続き畑仕事。
裏の畝の草を刈り倒した。蕗が進入してきている。アスパラガスはもう二株しかない。アスパラはあきらめて(篠や蕗が進入し、手入れができないので)、掘り起こそうか。
昔植えた木(クコ?)の(掘り取った)残りがまた成長してきた。これも掘り取ってしまおう。
蕗は、ここへ移り住んだとき(20年以上前)に本家の庭から数株移植したものだが、今は裏の畑を取り囲むように増えてしまった。すこし販売するか、人に分けてあげるかしないと。姉がが採りに来るかな。

苺の藁敷き。一畝は黒ビニールなし、もう一畝はあり。もう赤くなっているのがある。あすはネット掛けをしよう。

西瓜の苗が徒長気味、まだ本葉が一枚とちょっと。畑に移植したほうが元気が出るかも知れないと思い、植え付けた。2Lのペットボトルの底を切り取り、かぶせた。

コーン(黒もちトウモロコシ)と枝豆(中性三河島枝豆)を播種。枝豆は中性なので5月に蒔ける。晩生だと6-7月播種でないと実が付かないそうだ。

里芋の芽がまだ出てこないので、種芋の合間のスペースを利用して、苗作り(右から、ポンテローザトマト、みずほニューメロン、四葉胡瓜)の播種。

昨日植えた南瓜の一株はビニール掛けしていない。ウリバエは来ていない。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください