無肥料、固定種使用、自家採種、連作の実験計画

ここ2-3年は、不耕起の草取りをあまりしない自然栽培を試みてきた。肥料は少なめだが、果菜類にはそれなりに与えていた。その評価や反省は別の機会として、固定種の種と無肥料栽培に興味が湧いたので、これから2-3年は、これを試してみようと思う。これがうまくいったらスゴイことだ!

自家採種計画:野口種苗に注文した固定種(南瓜、西瓜、枝豆、トマト、葱、牛蒡、人参、茄子、胡瓜2種、コーン)の自家採種を行う。また、今まで自家採種をしている小麦、空豆、エンドウ、グリーンピース、落花生、里芋、八頭に加えて、ルバーブも種をとって増やそう。

作付け計画の修正:連作を避けた計画にこだわらずに、連作部分を少しずつとって、実験してみよう。里芋、トマト、人参など。

無肥料栽培:西瓜や南瓜など果菜に肥料を上げないのは不安があるな。今年は半分を無肥料で実験してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください