梅雨明けと人参

東海が梅雨明けした数日前に慌てて人参を蒔いた。それ以後、からからの夏空が続いている。人参の発芽に苦労している。毎日、朝晩水やりを行っているが、まだ発芽は少しのみ。

籾殻や切り藁をもっと厚く載せた方がよかった。藁はやはり押し切りで。剪定ばさみでは無理。鳥が藁を蹴散らすので寒冷紗を最初から掛けた方が良い。籾殻は(少ないと特に)水で浮き上がるので、切り藁を上に乗せた方が良いだろう。最初の2-3日が勝負か。新聞紙を被せる方法は夏蒔きでも使えるだろうか?

東日本では梅雨明けが例年より2週間近くも早い。梅雨が明ける前に蒔いてしまうことが肝心だ。来年からは7月に入ったらすぐ蒔いてしまおう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください